【A】1週間だったらガスの閉栓は免れる可能性アリ!

都市ガスの場合は、ガスの閉栓は、ガス代金の支払い期限からかなりの時間が経過しないと、すぐには閉栓されません。

 

チョットの滞納で、すぐにガスの閉栓が行われる可能性があるのは、やはりプロパンガスの場合です。

 

プロパンの場合は、会社の判断によって、すぐに止まる可能性があるので、注意をしましょう。

 

できれば、滞納をしそうになった時には、まずは「お金を支払うのが難しい」と、ガス会社に連絡を入れましょう。

 

プロパンガス会社も事前に連絡をいれておけば、1週間くらいであれば、即ガスの閉栓を行うことは少ないです。

 

ただし、事前の連絡を入れない場合は、すぐにでも止められてしまう可能性があります。

 

すぐにガスの閉栓をされたくない人は、まずはガス会社に連絡を入れるようにしましょう。

 

滞納した時の基本は『事前に連絡』です。

 

最も嫌がれるのは、滞納していて、連絡が取れなくなってしまうことです。

 

滞納するという事実は変わりませんが、やはり事前に「遅れます」と連絡を入れてくる人間と、ひたすら滞納をして連絡から逃れる人間では、どっちの方が信用できますか?

 

同じ滞納であっても、やはり前者の方が、印象が良いわけです。

 

そのため、事前に連絡を入れておけば、滞納の期間が短い場合は、閉栓を待ってくれる可能性もあります。

 

都市ガスはガスの閉栓まで、2カ月ほどの猶予があることが多いので、デキるだけ早く未納を解消できるように、お金を工面する時間が十分あります。

ただし2カ月を超えると危険!

ただし、ガス代の未納もさすがに2カ月を超えてくると、都市ガスも厳しくなってきます。

 

『停止予告書』が発送され、本格的なガスの閉栓へ向かいます。

 

プロパンガスの場合は、2カ月も滞納を待ってもらえる可能性は低いので、もっと早めに解消している人が多いと思います。

 

 

おまけに都市ガスは、滞納をしていても、クレジットカードやカードローンのように、電話連絡などガンガンやってくることがありません!

 

クレジットカードやカードローンの場合は、2カ月も滞納していたら、毎日何回も電話連絡が来たり、ハガキが来たり、ひどい場合は、電報なんかも届くことがあります!

 

あまりにも執拗な連絡のため、多くの人は催促が激しいクレジットカードやカードローンの支払いを優先します。

 

ガス会社はそこまでしつこい催促をしてこないので、ある日突然、あっさりと、「ガスの停止をします」と通告してきます。

 

そのため、これまでは、大丈夫だと思っていた人も、停止予告書を見て、ついにヤバくなってきたと、多くの人は、この段階で支払いを済ませることが多いです。

 

しかし、本当にお金がなくて、停止予告書に記載された期日になってもお金が支払えない人は「ないものは払えない」と、そのままになってしまうこともあります。

 

基本的には、滞納分を支払えば、すぐにでもガスは開栓してくれますので、やはり滞納者にあまり危機感がないことが、ガス代の滞納につながっている部分もあると思います。

 

関連ページ

【Q】ガス代が一括で払えない時は?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!
【Q】ガスは突然止められるの?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!
【Q】都市ガスとプロパンでは滞納の扱いも違う?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!
【Q】ガスの支払い期限は?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!
【Q】ガスの復旧はすぐにしてもらえる?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!
【Q】停止予告書って何?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!