【A】支払いが済めば当日復旧も可能!

ガスの復旧は、基本的には、支払いが済めば、すぐにでも復旧が可能です!

 

しかし、それにはちょっとした条件も必要になります。

 

ガスの復旧には、『立ち合い』が絶対条件になります。

 

そのため、ガスの復旧手続きをしてくれる作業員の人が空いていることが大事なのです。

 

現在は、ガスの復旧の時や、新しくガスを開栓する時には、インターネット予約もできるようになっているので、数日前から予約を入れる人も多いです。

 

しかし、ガスを止められてしまった人は、生活に不便が出てきてしまいますので、一刻も早くガスの復旧をしてほしいわけです。

 

ガスが使えなくなってしまうと、自炊が出来なくても、コンビニやスーパーが充実しているので、食事に困ったりすることはありません。

 

しかし、ガスが使えないとなると、お湯が出なくなってしまい、冬場なんかは水風呂で入るわけにはいきませんから、入浴できなくなってしまいます。

 

1日くらいであれば、何とか誤魔化すことも出来ますが、さすがに1週間くらい入れないとなると、清潔感がなくなってしまいます。

 

そのため、作業員に早く来てほしい場合は、やはり未納分を支払った後に、直接ガス会社に連絡を入れて、一番早く来てもらえる時間を教えてもらったりすることがおススメです。

 

昔は銭湯などが街中に沢山あったので、自宅でお風呂に入れなくても、入浴ができる環境がありました。

 

しかし、現在は銭湯が町から消えてしまったので、自宅で入れないとなると、死活問題になってしまいます。

引っ越しシーズンなどは厳しい場合も!

特にガスの復旧作業員が忙しいのは、冬から春にかけてです。

 

引っ越しシーズンのピークは、あっちこっちで、ガスの開栓で呼ばれ、特に土日は予約が難しいです。

 

そのため、ガスの復旧で、立ち合いの予約をする時には、2月〜4月くらいは、早めに予約をしないと、自分の希望の日時に来てもらえない可能性があります。

 

ガスの復旧が遅れたくない人は、デキるだけ停止予告書の前に支払いを済ませてしまうのが理想ですが、閉栓してしまったら、デキるだけ早く開栓の立ち合い予約をしましょう。

 

引っ越しシーズンのような忙しいシーズン以外は、基本的には早い時間に支払いが済めば、作業できるスタッフがいればすぐに復旧することもできます。

 

どうしてもガスの復旧に時間がかかりそうな場合は、一時的に友達などの家に泊まらせてもらうのも一つの手段です。

 

私は自分の引っ越しの時に、開栓の予約をいれたのですが、引っ越し時期のピークで、なかなか予約が取れない時がありました。

 

その時に、友人の家に3日ほど泊まらせてもらい、凌いだことがありました。

 

やはりガスが1週間くらい開栓できないとなると、さすがに生活に支障が出てきます。

 

私の友達の場合は、ガスの復旧で立ち合い予約が取れない時には、マンガ喫茶に行って、お風呂に入っていました。

 

最近のマンガ喫茶は、シャワー施設が整っている所も多いので、ガスが停止されて、お風呂に入れない時などは、ちょうど凌ぐのに良い場所になっています。

 

関連ページ

【Q】ガス代が一括で払えない時は?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!
【Q】支払い期限から1週間だけ待ってほしいんだけど?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!
【Q】ガスは突然止められるの?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!
【Q】都市ガスとプロパンでは滞納の扱いも違う?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!
【Q】ガスの支払い期限は?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!
【Q】停止予告書って何?
ガスを止められて復旧が気になる人必見!